バンコク休日の過ごし方が分からないという人へ。

スポンサーリンク


バンコクで仕事。。

月曜日から金曜日までは仕事があるので日中は自由時間がないけれど、休日である土日はたっぷりと時間があります。

お金のない人のバンコクの休日。

 

僕はお金なかったんで、このパターンです。。
とりあえず金曜日は気持ち悪くなるだけ飲んで、土日は昼くらいに起きます。

その日にもよるのですが、とにかく宿とオフィスがあって平日はあまり離れられないアソークからBTSスカイトレインやMRT地下鉄を使って抜け出します。

BTSですと行き先は東側だと日本人街のあるプロンポンやトンロー、エカマイ駅周辺のショッピングセンターをウロウロしたり、また西側に行くとバンコクの渋谷、原宿と呼ばれているサイアムへ行ったらカフェに行きパソコンをいじくったり流行りのショッピングセンターをウロウロしてみたり。

MRTだと南へ行ってシーロム辺りを散歩してみたりと、とにかく町を散策して疲れたらカフェに入りパソコンをいじくったり、たまにスカイバーにもいってみたり。

アソーク付近はビジネス街ということもあるのか屋台飯も種類が少なく値段も少し割高ですが、アソークから出て屋台が固まっている所や田舎のほうに行くと、美味しい屋台なども発見できて面白いです。

 

これもこれでいいのですが、休日どこかいくのにも一人だと悲しいですよね。
在住の日本人が6万人もいるバンコクでは、日本人コミュニティによる多くのイベントが開催されています。

自分の特技や趣味、出身大学、県人会など既存するサークルは多岐にわたります。

僕の出身である秋田県人会というものまでありましたし、昔やっていたサッカーでもフットサルクラブが5つくらいあったりと、とにかくなんでもあります。

このようなコミュニティに頻繁に顔を出していると、自然に友達が出きてきたり、自分でビジネスをやっていたりしたらいい人脈が作れたり、ためになるお話が聞けたりと絶好の機会だと思います。

 

お金がある人のバンコクの休日

 

実際にバンコクに住んでいたりする駐在員さんのような方は、意味もなくショッピングセンターをウロウロする僕のような小物的行動はとらず、もっと有意義に休日を過ごせることでしょう。

もし僕だったら休日はここに行くだろうと思います。〔行ったことないですが
そもそも彼らは僕のようにドミトリーに住んではおらず、コンドミニアムやアパートに住んでいます。一流企業の駐在員で家族連れとかでしたら普通に日本円で月20万円を超える高級コンドミニアムやサービスアパートに住んでいるので、ドミトリーと比べたら朝の目覚め方から違います。

○映画館
たくさんの映画館があるバンコク。洋画は日本よりも早く公開されることが多いです。基本的にタイ語か英語ですが、日本映画が日本語で上映されることもしばしばあったりもします。

○動物園、水族館

バンコクから車で少し離れればトラやライオンが放し飼いされている中を車で回るサファリパークが数多くあります。高級ショッピングセンターのサイアムパラゴンの地下には400種類以上の海洋生物がいる水族館があります。

○遊園地、テーマパーク

バンコクから車で1時間ほどのところあるタイ最大の遊園地じめ、数多くのテーマパーク、ウォーターパークが大人気となっています。

○カラオケ

居酒屋やカフェ、バーに併設されていて機種も日本の最新版を完備しているお店が多いです。まさに日本ですね。
海外では日本のカラオケと違って女の子のカラオケも安いですし、、あ!日本人だけのキャバクラってのもあるらしいですよ!!

○温泉

日本人ならやっぱりたまには温泉行きたいですよね〜。バンコクは他の外国と違い部屋にバスタブがついている物件が多いですが、それでもやっぱり恋しくなるものです。。
一回1500円くらいからと比較的安価。

○旅

僕がお金があったら一番したいのはこれですね。祝日が土日と被ったりしたら確実に行くと思います。
バンコクは東南アジアのハブ空港としても有名ですし、バスや電車でも気軽に国内旅行に行くことができます

◎バンコクから近い観光名所
・アユタヤ遺跡

バンコクバスターミナルから約2時間、国鉄フアランポーン駅から列車で1時間半と比較的近い距離。
世界遺産にも登録されている古代都市であり、多くの歴史的寺院が点在しています。

・パタヤ
バンコクバスターミナルから2時間弱。
リゾートとして有名なパタヤ。近くにはビーチがきれいな島もあったり、ナイトライフも充実していたりとその人気からバンコクから日帰りで行く旅行者も年々増加してきています。

◎飛行機で行ける観光名所

国内でしたら代表所でいったらプーケットやチェンマイ。海外で近場でしたらカンボジア、ラオス、ベトナム、ミャンマー、マレーシア、シンガポールなどだったら休日を利用して全然行けると思います。

 

まとめ

お金を節約している自分の休日よりお金がある人のバンコクの休日の過ごし方の記事のほうが多くなってしまいましたが、、
実際住むとなったら全く退屈ではないと思います。日本と同じことをしたければできないことはほぼ無いですし、飛行機も安いから近隣諸国にふらっと行くこともできます。

バンコク休日、エンジョイしてください♪(´ε` )

 

スポンサーリンク