オーストラリアの物価は日本の約3倍!?

スポンサーリンク


 オーストラリアは物価が高いことで有名ですよね。特にシドニーはその中でもかなり高いほうです。今回はオーストラリアがどれくらいの物価の高さなのかをご紹介します。
オーストラリアの物価は年々高くなっています。なぜ物価が高いのかというと、人件費が関係していると言われています。つまり、オーストラリアはお給料がめちゃめちゃ良い国だということ。そのために自然と物価も高くなってしまいます。
よく言われるのがコーラが400円とか言うやつも、例えば時給3000円貰っている人からすればそれは妥当な値段ですよね。
物価と言っても高いのは物だけではありません、住居費もとても高いです。
ただ節約すればもちろん抑えられる部分はたくさんあるので、その辺のお話もしていきたいと思います♩

スーパーの物価を調査

 

まずオーストラリアのスーパーと日本のスーパーではどれくらい物価が違うのかを人気スーパーColesから見ていきます!

※現在のレート1ドル=80円で計算します

 

お肉

オージービーフで有名なオーストラリア。なんとお肉はビーフが一番安い!
450g〜500gのステーキにできるお肉で比べてみます。

オージー大好きラム肉!
日本ではあまり馴染みはないけどオーストラリアには沢山の種類のラム肉が売られています。
こちらは439gで$10.98(883円)

こちらは豚肉。ちなみにコールスなどには薄切りが売っていないので薄切りが欲しい時はアジアンスーパーに行きましょう!
豚肉は439gで$10.54(847円)日本で豚ロースとかを買うと大体100g200円とかなので、日本との価格差はあまり変わらないですね。
ただ写真のようにいちいち量が多いので一人暮らしには少し困ります。冷凍保存して少しづつ使うのがオススメ!!

そして牛肉!牛肉も薄切りは置いていません。
こちらは469g7.50$(603円)うん、安い!日本で売っているオージービーフは大体100g150円くらいですが品質が悪いです。ここはオーストラリアで輸入品ではない新鮮なお肉なので、安く美味しく牛肉が手に入りますよ♩
ちなみにもう少し良いフィレ肉などを使ってローストビーフをするとすっごく美味しいのでオススメ!!

スーパーで買える魚は全て火を通さないと食べられません。
生魚が食べたい時はフィッシュマーケットなどに行って、新鮮なお魚を手に入れましょう!

オーストラリアといえばサーモンを思い浮かべる人も多いのではないのでしょうか。
味は美味しい!けど本当に、サーモン高すぎ!(笑)こちらは$13(1045円)です。
日本人的に、サーモンと言うとかなり響きは良いものの、これ生で食べられませんからね!
ただの鮭ですよ鮭!朝から1000円の焼き鮭は食べられない!(笑)
390円で食べられるすき家の鮭朝食定食が恋しい。。

こちらのサーモンはスモークサーモンで、このまま食べられます!
これは結構割引になっている事が多くてこの日も20%OFFで$12(964円)でした!
オススメの食べ方は、下記で紹介するガーリックトーストに乗せて食べるのが本当に美味しい!
高いので極稀に買います(笑)

果物&野菜

私のイメージだと、果物は日本より安くて、野菜は日本よりかなり高い!!!

果物からいきますね〜

マスクメロンが2/1カットでなんと$2(180円)!!これは私もよく買うんですけど、180円とは思えないくらい美味しい♩

これなんだと思います?正解はスイカです!日本のスイカみたいにナミナミの柄が入っていないんですけど、オーストラリアのスイカめちゃくちゃ美味しいんです!!しかも安い!時期が春なので上の価格ですが、夏になるともっと安くて美味しいスイカがたくさん出回ります♩

オーストラリアでファームやったのが懐かしい。これ18のときの私です。

話がそれましたが・・お次は野菜です。

これもわかりにくいんですが、ネギですね。日本のネギよりもかなり細くて、緑のところがかなり多め。
でも香りはネギ!この日はスペシャルプライスで$1.50だったのですが普段は$2.50です。(200円)
ネギが大大大好きな私としてはこのクオリティで200円は信じられない。

こちらも我々日本人に欠かせません、もやしくんです!
日本だともやしって大体15円とかで、安いから一応買うか〜的なとこがあるじゃないですか。
そのもやしくんが$2.15(173円)なんて本当に可愛くない!!!すぐ腐っちゃうしオーストラリアではなかなか手が出ません。

こちらは一人暮らしに嬉しいカット野菜。値段は$4(321円)日本だとカット野菜って大体100円前後ですよね。
ん〜高い!オーストラリアの物価恐るべし。。。

こちらのアボカドはスペシャルプライスで、2個で$5(400円)なので一つ200円。
スペシャルでも高いですよね。日本だと大体一つ100円とかなので2倍!やっぱり高いです。。

飲み物

オーストラリア本当に飲み物高いです。。
私はいつも家でペットボトルに水を入れて、持ち歩いています。

スーパーでも500mlの水が$2.05(165円)高いよ〜!ちなみにコンビニだと200円以上は絶対にします。
私は一度、来たばかりでよくわからなかった時にコンビニで1ℓの水を$6で買った事があります。。

お菓子や乳製品

日本でも最近見かけますよねこのお菓子!
実はオーストラリア発症で、これで太る女の子が多いと言われているTim Tam(ティムタム)2袋で$5(400円)
ティムタムはいっつもスペシャルプライスなので慌てて買う必要はありません。
ティムタムのカロリーは1枚95kcalで一袋11枚入っているので総カロリーは1045kcal。。

自分の身体と相談しながらじっくり考えて購入してください!!!(笑)

これまた太りそうな商品。。これはコールスのオリジナルの商品で他にもいろいろな種類があって、値段も$3(240円)と結構安いのですが、このドーナツやマフィンなどの商品、一見美味しそうに見えるのですが味はかなり甘くて、身体に良くない添加物が沢山入っていると聞きました。なのであまりオススメしません。。ただとっても写真映えするので、撮影ように買うのはありかも!

パンに塗る定番といえばnutella(ヌテラ)発祥はイタリアなのですがオージーはヌテラが大好き!
ヌテラをメインに使っているお店などもあり、本当に良く見かける商品です。ちなみにこれも100gあたり521kcalとかなりの高カロリー。値段はこの750gのジャンボサイズで$8.55(687円)。日本のコストコで買うと700円〜900円くらいみたいなのでこれはオーストラリアの方がお得!

お次はパンコーナー!パンはとっっても安いです。そして種類も豊富。
こちらのフランスパンは$1.50(120円)  食パンは¢90(72円)〜からあるので、節約派の方にはパンがオススメ。
私も来たばかりでお金がない時は¢90のパンと安いハムを買ってサンドウィッチ風の物ばっかり食べていました。

お次は乳製品。こちらの卵は12個入りでなんと$7(560円)高すぎますね。。
しかしオーストラリアのスーパーの卵コーナーには沢山の種類の卵があります。
この商品は放し飼いされている鶏の卵で、かなり良い品質の物なのでこんなに高いのですが、一番安い卵であれば12個で$2.50(200円)の卵もあります。ただ見るからに質が悪そうなので注意です。

これは私の大好きな商品!ガーリックトースト!$3(240円)これかなり画期的で、もうフランスパンにガーリックバターが塗ってある状態で売られていて、これをフライパンで焼いて、上にスモークサーモンを載せると本当に美味しい!朝ごはんにもなるし、おつまみにも最適♩
余ったら冷凍すれば日持ちしますよ♩

午後の紅茶が800円!in日本食スーパー

 

次は日本でお馴染みの商品をオーストラリアで買うとどれくらいのお値段になるのかをご紹介していきます。
今回はシドニーのシティにあるMARUYUという日本食スーパーへ調査に行ってきました!
タイトルにもある午後の紅茶から見ていきましょう!

 

これは本当に驚きました。。午後の紅茶1.5ℓが$9.95(800円)これシンプルに買う人いるのかな。。
まだまだいきまーす!

左からまたまた午後の紅茶、ウーロン茶、C.Cレモン500ml$3.99(320円)
カルピスソーダはなぜか$4.40(354円)高いですね〜〜

お馴染みチキンラーメンが$13.90(1123円)と高級品に!!日本だと300円〜400円で買えますよね。

日本食には欠かせないお味噌!こちらもなんと$13.90(1123円)。。
ただこのお味噌はきっと良い物で、探せばもっと安いのはあります。

ご飯のお供の定番、ごはんですよもこの通り!$7.70(625円)

おたふくソースは$7.99(648円)これじゃお好み焼きできない。。

柿の種も$6.60(535円)。手軽におつまみにできない。。

こんな物までこのとうり!!$19.87(1612円)めちゃくちゃ高級シャンプーに変身!!

日本から輸入品ということもありますが高すぎですね、、

 

外食費

オーストラリアは人件費が高いので、スーパーで買い物をして自分で作ればいいものを外食してしまうととんでもなく高くついてしまいます。

ちょっとおしゃれなところでランチ♩をしようものなら$30(2400円)ほどは軽くいってしまいます。。

安く抑えたいならランチセットを頼むと$10ちょいで頼めるレストランもまあまああります。(あまり期待はできません、、)

高い割にはクオリティがあんまり??と思う方も多いので個人的には自炊をオススメします。

カフェ

 

個人的にカフェ好きなのでカフェも(笑)

オーストラリアはおしゃれなカフェが多く、Wi-Fiも付いているところが多いです。値段はHOTだと$3〜5(240円〜400円)と割とリーズナブル。
しかしほとんどのカフェはCOLDになると$6〜10(480円〜800円)と一気に高くなります。
手間代ってことなんですかね??( ´ ▽ ` )ノ

生活費

住居費

シドニーのシェアハウスの家賃相場ってどれくらいなんでしょうか?

2017.06.24

 

東京と比べてかなり高め。シェアルームでもいいという方ならあまり変わらず暮らせるかも。

 

・交通費

【最新版】シドニーの交通機関を上手に使おう!

2017.06.26

オパールカードというSuicaのようなカードで電車、バス、ライトレール、フェリーと乗れます。交通費は東京と同じくらいでしょうか。

 

・ 娯楽費

週末になるとバーやパブ、クラブは大盛り上がり。外で飲むとビールで一杯$6〜10、カクテル系だとかなり高くなります。。クラブは入場料がありのところもあればなしのところもあります。

中で飲むと高いので、みんな家で酔っ払ってから入場していました。(笑)
場所を選んで抑えるところをおさえればそんなに高くはつきません。

日系のキャバクラはシドニーには二店舗ありますが、お金のある駐在員向けなので日本よりはかなり高いです。。

 

まとめ

以上オーストラリアの物価の紹介でした。

長年住んだ今でもオーストラリアの物価の高さには驚かされます。。
来た当初はスーパーをハシゴして安く商品をゲットするためにかなり時間を費やしました。
ただまとめて購入すると安くなる商品が多いので、シェアメイトと一緒に買ってシェアしたりして工夫をすればオーストラリアの物価の高い国でも出費を抑える事は出来ます。ただやっぱり日本の物は本当に高いですね。。



スポンサーリンク