バンコクのスネークファームで予防接種。痛い!

スポンサーリンク


 

 

最近では世界一周旅行者が、低価格で予防接種を受けられるという魅力から日本ではなくバンコクで注射を受ける風潮が高まってきているらしいですね。
僕もググってみたところ、日本で受けるより個人差はあるそうですが3倍近く安くなるとの事。

とにかく行ってみました。

 

場所は高層ビルが立ち並ぶメトロのシーロム駅とサムヤン駅の間らへんにあります。

メトロからだとサムヤン駅で下車して徒歩10分ほど。

バスはGooglemapを使うとたくさんの便が出ています。

 

IMG_1249 IMG_1248

 

 

中に入ると矢印があるので進んで行きます。

 

近年医療技術が発達しているバンコク。見た目もかっこいい。

 

IMG_1258 IMG_1259

 

とりあえずアプリケーションフォームに個人情報を書いていきます。これはタイ語か英語しかないので難しい単語は翻訳しなければいけません。

IMG_1260 IMG_1261

 

とにかくその書いたアプリケーションフォームを持って行って、登録。

 

その後採血をして診断らしいけど採血200人待ちいいいいい!!!!!

30分くらい待っても全く減らない。というかググった時に出てきた記事と様子が違うかもしれない。恐る恐る看護婦さんに、「ここは注射をする場所なのか」と聞いたら、

「注射は隣にある別の塔よ!今日明日は祝日だからやってません。明後日行ってね!」

 

祝日・・・しかも塔違った・・。

悲しく帰宅。

 

 

 

 

 

 

後日、祝日でないことを何回も確認し再訪問。

↓注射するのはココでした。同じ敷地内なんですが・・

IMG_1254

 

中は意外にも混んでおらず、またまたアプリケーションを書き終え受付の部屋へ。

 

IMG_1369 IMG_1368

 

 

List in order the countries you plan to visit in this trip(旅行で訪れる予定の国の順序)と書かれているけれど、世界一周なのに3つしかない。とにかくなんとなくやばそうなところを国じゃなくて大陸単位で書きます。

IMG_1358

 

本当にこんな適当で大丈夫かと心配になりながらも診察券をもらい20バーツを払う。

しばらく待ってまた違う部屋に通されます。

 

IMG_1359

 

今にも倒れそうなおじいちゃん(失敬)が死にそうな声で、

「なんの予防接種だああ?どこにいくんだ?ほうほう世界一周か。それならば適当にわしのおすすめの4本を選んであげ…」

 

「だあああああ!ちょい待った!ちゃんと調べてきてるから!」

この人は本当に医者なのか?
何言ってるか本当に聞き取れないし言う通りにしてたら変な薬渡されそうだ・・。

とにかく、病院に来る前に調べておいたリストを見直す。

世界一周に行く上で必ず受けておかなければいけない予防接種。

①A型肝炎
きわめて感染力の強いものでウイルスは便の中に排出され、飲食物などを経由して口から感染。

・1回の接種で12〜18ヶ月間効力有効。

②破傷風
土や泥の中に生息しているウイルスが、怪我をした時や傷口から体の中に入り感染。

・年齢や定期接種をしているか否かで回数が変わる。
自分はハタチで定期検診をしていたので1回の接種でOK。

*この二つは世界中どこでも発症する可能性が高いそうです。

③黄熱病
野口英世が研究したとしても有名なウイルス。サル、ヒトおよび蚊を宿主とし、蚊によって媒介される疾患。

・一回で10年有効

中南米、アフリカで発症しやすい病気で、予防接種を受けてイエローカードをもらわないと旅行者は入国できません。ですのでこれも確実に打たなければいけません。

 

IMG_1360 

 

注射は1日に4本までと決められているので、あともう一本です。

通常、危険度が高くこの次に受けなければいけないものは間違いなく「狂犬病」です。発症した場合は致死率100パーセントの恐ろしい病気。

しかし狂犬病の面倒臭いところは、必ず3回接種しなければいけないことです。しかも第0日、7日、28日と細かく日程まで決められています。

2回しか受けないと、0回の状態と全く免疫が変わらないとのことだし、時間が無く受けるのはやめました。

自分も日本を出て4ヶ月ほどになり一番ヤバいインドでも怪しい犬は多く見かけましたが、普通にしていれば噛まれることはまずないです。バンコクにもヤバそうなのいっぱいいるし。

たとえ予防接種をしたとしてももし旅先で犬に噛まれた場合、24時間以内に病院へ行きワクチンを打たないと死んでしまうそうです。つまり噛まれた場合のワクチンの量が変わるだけだそうです。専門家じゃないのでよく分かりませんが。

 

IMG_1362

 

「おじいちゃん!日本語表記のやつあるやん!ナイス!」

 

初めて医者っぽい素振りを見せはじめたおじいちゃん。

残りの一つは「腸チフス」に。

汚染された飲み水や食物などから引き起こされる感染症。最近お腹も壊していたしまあこれにするか!とその場で決断。

 

IMG_1365

おじいちゃんが受ける注射のリストを作ってくれて、それを隣にあるカウンター持って行きワクチンを貰う。
ちなみに冷蔵庫の中からワクチンが出てきます。

お値段は全部で約3500バーツ。

約1万円。

日本で打ったら・・・
黄熱病:1万円以上
A型肝炎:約9000円
破傷風:約5000円
腸チフス:約9000円

こうみるとやはりバンコクのスネークファーム・・お得です。

今回受ける予防接種の注意事項の紙を渡され、それを見ているとまた呼ばれます。注射の時間。

IMG_1366

 

「は〜い楽にしてね。今から右肩に2本、左肩に2本いきますよ〜」


4本筋肉注射(´Д` )

 

針を刺すたびに体がビクンとなる。すぐ終わって副作用がないか15分ほど待機。
すると刺されたところの肩がじわじわ痛くなってくる。

「3日くらい痛いよ。頑張ってね。」との事。

おとなしく家に帰りますが痛みはどんどん酷くなっていくばかり。
腕は上がらないわ吐き気もしてくるわ気分は最悪。服も着れない状態。

結局3日間はまともに腕を動かせずバンコクで予定していた小旅行もキャンセルになったりと散々でした。

これから予防接種を受けようと思ってる方、予想以上に痛いと思うので気をつけてください・・・

 

 

スポンサーリンク