モロッコの何もない街、ナドール

スポンサーリンク


シャウエンからナドールのバスをモロッコ観光用バスのCTMで予約していました。


朝7時出発の便だったんですが、7時を過ぎても全くバスが来る気配が無く、会社の人に聞くとまさかの終日運休。。。
本当にやってくれます、、モロッコ。今日のナドールの宿も予約してるのに・・

「ここから北西にバスで1時間いったところにテトゥアンという街があるから、そこで乗り換えるがよい。」

終日運休のくせに偉そうなオヤジだ。

 

とにかく言われた通りにテトゥアンまで約1時間、
ちなみにこのテトゥアンは「白の街」とも言われていて観光スポットで有名なところらいしんですが、寄ってる暇はないのですぐさまバスターミナルのナドール行きの会社を手当たり次第聞いたところ、一社だけ行くとのこと。
昼の1時発の便で値段は120DH(1300円)くらいでした。

途中の休憩所で食べたお魚タジン鍋。激ウマ♡

爆睡して7時間くらいでようやくナドールに着きました。

 

このナドール、まったく観光地化しておらずゲストハウスのような安宿は皆無。
ブッキングドットコムで見たところ中高級ホテルのみとなっていて、今回もAIRBNB(民泊)を見てみると・・

この人一色!!!!
てか家の写真一切ゼロでどの部屋もこの人の顔だけッ!!!

Mustaphaさんという名前らしいです。

普段AIRBNBを使う人にとっては家の写真がたくさんあるところを選ぶ傾向があると思うんですが、、
まあこの人しか安い値段でナドールに泊まることはできなそうなので、止むを得ずこの民泊を予約しました。レビュー結構いいし。。

ナドールに8時頃ついてカフェに入りWiFiを使って連絡したんですが、全く返信が来ないのでSkypeで電話したところ応答がありました。

「もしもし、今ナドールに着いたんだけど、住所教えてくれる?」

「・・・・・・」

Mustaphaさん、英語しゃべれませんでした・・

メッセージでやりとりしたところ、20分後にこのカフェに現れました。

このまんまでした。。笑

「今からぼくが言う場所に歩いて行ってくれ」

下手くそな地図を作って「ここへいけ」との事。

???

「お前は?」

ここからまた英語がわからなかったので、寒い中言われた通りに歩いていると後ろからチャリで抜いてきました。Mustaphaさん。
すごい楽しそうにチャリを漕いでぐいぐい進んでいくので、歩きの僕は走らされました。。

とりあえず、謎です。部屋、もしかしたらやばいかもしれません。

少し走ると家に着いて、おそるおそる部屋に案内されましたが、値段の割にはまあまあいい部屋でとりあえず落ち着きました。

 

ここら辺は中心地にもかかわらずすごく閑散としていましたが、ぽつっと焼き鳥屋さん。

翌日は魚のフライ15DH(170円)

ちょっと豪華な魚フライ(60DH)

モロッコ人は世界三大うざい国として有名でしたが、それは観光地のみ。要は、観光客慣れしてるモロッコ人が「ウザい」だけ。
ナドールは観光地ではなく全く外国人がいないので、みんなぼってこないし驚くほど優しいです。
そういう面では、いい街です。

ま、本当に何もないんですけどね。

これは地中海。どす黒いです。ビーチを少しでも期待した僕を殴りたい。

閑散しすぎにもほどがあるって感じです。

なんでこんな何もない街に来たの?って話ですが、その目的はただ一つ。

スペインへの航空券が安い

これだけっ!!!

今回はナドールからバルセロナに飛ぶんですが、約1500円くらいで飛べます。(荷物別)
しかし、ナドールは公共交通機関が全く発達しておらず空港へのバスがありません。
しかもその空港が鬼ほど遠いんです。

タクシーで150DH(約1700円)

もはやバルセロナへの航空券より高い始末。
面倒臭さとかコスパを考えると、北部最大の街「フェズ」から飛んだ方がいいかもしれません。。

そしてその空港なんですが、めっちゃ小さいです。世界で一番小さいだろ!!と叫びたくなるくらい小さいです。

受けつけカウンターは一つのみで、この時間はバルセロナ行きのみ。

長かったモロッコも終わり、スペイン、バルセロナへ。

スポンサーリンク