ハイシーズン2月のウユニ塩湖は、、驚くほど綺麗でした。

スポンサーリンク


2月22日(ボリビア・ウユニ)

 

 

朝、宿でウロウロしてたらキューバでお会いしたかける君とみあさんがいました。

「久しぶりっすねー!ツアー今日いきます?」

「ひさしぶりー!一緒に行こう!」

 

 

ウユニ塩湖のツアーは大きく分けて3つ。

①夜中3時くらいに出発して、星とサンライズを見る「サンライズツアー」

②昼10時くらいに出発して鏡張りはもちろん、水がない場所でトリックアートなどの写真も撮れる「デイツアー」

③夕方4時くらいに出発してサンセット、星空を見る「サンセットツアー」

時間はいずれも大体6~7時間程度。ただしウユニ村からウユニ塩湖までは片道1時間程度かかるので実際に見れるのは4〜5時間。
どれも違った良さがあるので、ほとんどの人は全部のツアーに参加します。

かける君たちと話し合って、今日は4時から③のサンセットツアーを予約しに行きます。
昨日行き損ねた有名日本人宿、「アベニーダ」の隣にあるHODAKAというツアー会社が日本人に大人気。というか日本人しかいません。中にいるスタッフも毎日日本人と接しているからかちょっと日本語話せるし。

基本は7人でツアーに行きます。(でないと一人あたりの払う額が高くなってしまいます・・)値段は7人集まったら一人約US$20。まあ、車一台$140くらいです。

昨日の夜に会ったみゆかさんも誘ってこれで5人です。

HODAKAの前にこの紙を貼り付けて、時間までに一緒に行きたい誰かが名前を書いていくというシステムです。

 

ウユニ塩湖はハイシーズンの2月だからなのか、この紙が大量です。

 

ツアー開始は4時からなので、それまでかける君達と別れて懐かしい友人に会いました。ケイタ君です!

ケイタさんは僕がまだオーストラリアにいた時の友達。3年ほど前渡豪してエージェントが一緒だったのですぐに仲良くなって週末は外人も誘って一緒にサッカーなんかしたりしてました。
僕がバンコクでインターンしてた半年前くらいに世界一周をしてる最中で、バンコクで再開。

卒業旅行ってことで今回は南米に来ていてまたも再開しました。

そんなケイタさんとメルカドでご飯を食べてから外で一杯やりました。

ご当地ものののポトシビールは15ボリ(230円)と、まあまあお高め。

酒のつまみも。

酒がリマぶりで久しぶりすぎて一杯でお顔真っ赤っかです。

ケイタさん、卒業おめでとうございます。また日本で会いましょう!

 

 

時間は4時になったので、HODAKA前に集合。
空いていた席も二人の方が埋めてくれて無事7人で出発。出発してすぐ、長靴を借りに行きます。

かける君も一服して準備万端です。

 

塩湖内に入る前にトイレに行けます。(2ボリ)
というのも、ウユニ塩湖の中にはトイレが無く、ここでしなければお漏らしです。塩の家で5ボリでできるらしいですが、広いウユニ塩湖の中塩の家に行くのは時間がかかるので、ここがラストチャンス。

もう平地です。雲が近い。

気分も乗ってきます。

しばらくすると水が見えてきます。

ウユニ塩湖はハイシーズンの今、2月であるにもかかわらず三日四日前くらいまでは全く雨が降ってなかったそうで、今のタイミングとしてはちょうど良かったそうです。

鏡張りっぽくなってきます。

そして、、、いいポイントにたどり着きました・・。

おおおおおおお!!!!これが、今まで写真の中でしか見たことのなかったウユニ塩湖・・やっぱり凄い。

みあさんは笛を持ってきました。写真生えするなぁ。

かける君と上でラブラブします。

もう、何をしてても絵になる。

 

雲の形や太陽の位置も変わるので、時間とともに見える景色はかなり変わってきます。どれもすべて幻想的で美しい。

長靴を履いて回るんだけど、結構水は深いです。塩湖だから下にあるのはもちろん塩。
試しにカリッとかじってみました。

うまい。そこらへんの塩の比じゃない。
ちなみにウユニ村では普通に商品として売られています。後で買おっかなー。

 

ガイドのおっちゃんが色々な写真を撮ってくれます。

全く飽きません。太陽はかなり沈んできました。

日に沈む反対側はこんな感じ。どこを見ても美しい。

夕日をバックに、面白い写真撮っていきます。ちなみに水の上を走っているので、飛んで着地した暁にはビチャビチャです。しかもただの水じゃ無くて塩水だからズボンは乾いた後真っ白に!

 

 

そして太陽は沈みました。

日があるあ間は結構暖かかったけど、夜になると結構冷え込みます。その代わりに星が出てきます。

 

なんて綺麗な天の川なんでしょう。

あまりに綺麗なのでずっと上を見上げていると、なにやら動く星を発見。

「あれ?流れ星かな」

「いや、UFOよ。」

というのは今回残りの二人に名前を書いてくれたカトウさん。多分4〜50歳くらいの女性の方で変な動きをしている星を見て語り始めた。

「わたしはね、UFOを見たことがあるんですよ。ほとんど目の前で見ましたよ。その時からわたし、UFO信じているんです。あ!ホラ!また来た!!」

 

一同唖然。

 

あれは本当にUFOだったんでしょうか・・

ガイドのおっちゃんは「衛生」だと終始言っておりましたが。カトウさんは諦めずずっと上を見て教えてくれました。

 

UFOも見れた?ところでお次はこれまた恒例シリーズ。

カメラのシャッター速度を長めの30秒ほどにして、その間にみんなで携帯からそれぞれの光を出し動かします。これを30秒ほどつづけるとシャッター速度が遅いので文字に見えるというわけです。そしてそれはウユニ塩湖では反射します。

 

反射させるために文字は逆に書かなければいけないのでみんなのチームワークが必要。何回かミスりましたが徐々に成功します。

 

もう、全く飽きません。ウユニ塩湖。

 

時間がきたので今日はこれで終了。この旅イチ楽しみにしていた場所だったので興奮はなかなか冷めきりませんでした。明日も参加します。

スポンサーリンク