ペルーで寿司を売ってみる(3)

スポンサーリンク


2月2日(ペルー・リマ)

 

暑すぎる、リマ。

日本の夏のような、湿度が高い暑さというか、蒸し暑いっていうのかな。もう寝てる時もご飯食べてる時も汗ダラダラ・・。

昨日バスでMetroに向かっている時、プールのようなものを発見したんです。

実はここ、桜子もプールと隣接してるんだけど地元の子供達がいっぱいで、昨日見たプールへひとまず歩いて行ってみました。

入場料3ソル(105円)

入場した瞬間、ちょっと小汚いリマの街とは一変、掃除が行き届いているドリームワールドに大変身。

プールの入場はプラス3.5ソル(120円)追加で入場可能でした。

中には持ち込めなかったけどかな~り広いプールでした。

こちらも子供が多く、プールはかなり浅めでした・・・

ま、この炎天下の中屋外プールにいけたんで死ぬほど気持ちよかったです。

すっきりした後は、今日の最後の決戦の寿司売りの準備のためMetroや宿の前のメルカドに買い物へ行き今日も作ります。巻きます。

三日目ともなると作業もテキパキなってきて無駄がなくなってきます。

今日は昨日の倍作るってことで・・米は大鍋で二回炊いてすし酢は使い切り、キュウリの代わりにレタスをいれました。

リマのキュウリは結構高くて、一本2,300円するので、、、単価が安いレタスをぶち込んでみました。

そして僕たちは・・・・昨日の倍以上となる51セットを完成させました。

汚くなって販売できないような外見のものは「アミーゴ寿司」として保管。

もしこれが全部5ソルで売れれば255ソル(=8950円)

いよいよバカにできない金額になってきました。これだけあればペルーでの生活はかなり楽になるでしょう。今日の経費もさほどかかってないので、売り上げはほぼほぼ利益になるはず。もうビジネスです。笑

いざ出陣。

プールでの売り上げは好調。一気に7セットほど売れ、勢いに乗ったままMetro前へ。

昨日のベストポジションで勝負。

どんどん人が来る。

一度来たお客さんがまた戻ってきてくれて購入してくれたり、一気に4つ買って行ってくれたりと出だしはかなり好調。

しかし量が量。売っても売ってもなかなか減らない。

ここで「アミーゴ寿司作戦」開始。

「おいアミーゴ!今日もお疲れ様!アミーゴ寿司どうぞ。」

するとまたなんだなんだと人が群がってきて好調。記念写真もとるとまたなんだなんだと好調。

2時間という時間をかけ残り10セットとなった。

もう時間が10時近くなっていて人通りも少なくなってきた。このままではまずいと思い値下げ作戦に。とりあえず3ソルで試してみる。(105円)

お客さんくるかなーと思っていたら、後ろにいた違う物売りのやつらが金を渡してきた。

ずーっと寝ていてスナック売る気があるのかなーと思っていたスナック売りのおじさん。実はさっきアミーゴ寿司を渡そうとして、

「お腹減ってるか?」と聞いたところ、

「減ってない。腹一杯だ」と冷たく接してきたおじさんだったが、値下げした瞬間に秒で食いついてきた。

おじさん本当は腹減ってたんかい。ずっと後ろで見ながら食べたかったんかい。笑

と心の中で突っ込むも笑顔でグラシアス。

すると後ろのおじさんたちが、「こいつら値下げしたぞー!」と地元のペルー人にスペイン語で話しかけ始めた。

あざすおじさん方!!

おかげさまで風のように一気に売れてなくなりました!

最後少し値下げしたものの、売り上げは235ソル=8250

ペルーでやってやりました。

バックパッカーの方、ペルーリマで寿司売りはかなり売れますよ。お勧めします^ ^

スポンサーリンク