[ペルーで温泉!?]クスコから温泉の町、シクアニへ。

スポンサーリンク


2月14〜15日(ペルー・クスコ〜シクアニ・アグアス・カリエンテス)

 

 

 

 

おはようございます。とりあえずこの眺めの良い屋上で朝ごはん。

マチュピチュでお世話になったあいこさんにお礼を言いクスコを出ます。(わたるさんは午前3時からレイーンボーマウンテン・・・元気すぎる・・)

 

ペルーで温泉。。。
ふと調べて出てきた検索結果に、どうやらペルーで温泉に入れる場所があるらしい、との事。
しかもクスコからバスで3〜4時間行ったところにある次の目的地のプーノとの間にあるというので、これは行くしかない!ってことで即決定。

しかし全く観光地化されてないので情報が少なく、ここは日本語での情報ではなく現地の人の情報を頼りに進んでみる。
どうやらクスコの長距離バスターミナルからではなく、町の人に教えてもらった感じでは少し離れた場所にある、地元のバス乗り場みたいなところから温泉地であるシクアニまで地元バスが出てるとのこと。

宿から荷物を抱え歩くこと約30分、周りには激安メルカドを発見。

その値段MENU(ペルーでいうランチセット的な感じのもの)で5ソル(175円)こぼ物価の安いペルーでワンコインでMENU食べれる場所がクスコに・・・安いから味は期待できないかなーと思っていましたが・・

 

 

 

うますぎ。

 

スープ、メイン、ジュースついて5ソル。店員はやけに親切だし、気持ちの良いスタートです。
町の人たちに色々と聞いて回り、バスターミナルにたどり着くことができました。

ついたと同時にシクアニ行きのバスは出発するところで、ギリギリ最後に乗車。特に指定席では無く、空いたところに自由に座る感じのタイプ。しばらくすると集金おじちゃんがお金を徴収しに来た。

「シクアニ、ポルファボール。」

「シー。シエテ。」

4時間のバスは7ソル(240円)と激安!確かに周りをみると観光客はだれもおらず、地元一色。

リマからクスコまで来たグネグネ山道なのかと心配してた気持ちとは裏腹に、ルートはほぼほぼ一直線。
4時間でシクアニバスターミナルへ到着。

実はペルーの温泉はシクアニにあるのではなく、ここからコルクティーボで30分ほどいったところにある「アグアス・カリエンテス」というところにあるらしいので、とりあえずバスターミナルからシクアニセントロまでトゥクトゥクみたいな乗り物で2ソル(70円)

  

 

セントロでマンゴーを買ってると、近くにいたオヤジが「アグアスカリエンテス(温泉という意味)?」と声をかけてきたのでいくらと聞くと、一人4ソル。コルクティーボとは言えないちっこい車でぎゅうぎゅう詰めのまま出発。

 

 

少し走り出したらもうこの景色。

 

この先に温泉??ただものじゃないっ!!!

 

 

そして、到着。
「え?ここに?」っていうような場所にあるアグアスカリエンテス。

ちょうど日がいい具合に当たって綺麗な山々に囲まれている。この絶景を眺めながらの露天風呂なんて今から楽しみすぎる。

線路を越えてさらに奥の方へ行くと受付らしきところを発見。入場料がかかるらしいけど、宿泊者は無料。ちなみに宿泊料はダブルorツインで一人20ソル(700円)と結構安いですが肝心の部屋はこれ。

 

ベット一台、終了。

ま、こんなもんでしょう。あんまり観光地化されてないし。

 

でも観光地化されてなくて自分が個人的に来て良かった!と感じるところは町の人たちの反応。
普通ある程度の観光地ならそこに住んでいる地元民も観光客慣れしていて、僕たちの対応の仕方も知っている。それは英語を喋ることができたり、ボルことを考えてるやつがいたりと様々。

 

でもここは地元の人たちオンリーで、「外国人?初めて見た。」なんて人たちだらけ。そんな人たちは観光客向けの対応を知らないから凄く新鮮でその国の本当の姿を見ているようでおもしろい。

恥ずかしがったり、カメラに興味を持って「撮ってくれ!」っていう人も現れたりと、ヒーローにでもなったかのようにチヤホヤされる。

ちょっとお腹が減ったのでご飯が食べれそうなところに行ってみる。

8ソルで何か作ってあげるよというのでお願いしたらカマからチキンが出てきました。

チキンは普通に美味しいんですけど、左にある黒い物体・・不味すぎて一口食べて吐き出してしまいました。

 

 

ご飯食べた後はついに!!!温泉です。見てくださいこの温泉。。

期待させておいてなんですが、見た目結構汚いです。

横を向くとみんな集まっています。綺麗にしようと会議でもしてるんでしょうか。

 

 

海外の温泉は日本とは違い、混浴ですが水着をつけるのが基本。なのでおとなしく水着をつけて飛び込みます。

「ヌルいっ!!!!」

実はこのアグアス・カリエンテスは7つほどの温泉があるらしく、そのそれぞれがでかさも温度も違います。
今入ってしまったのは鬼ヌルいやつでした。
指で温度確認をして見晴らしも良かったのはコイツ!!!

 

 

真ん丸!!
温度最適。。しかもココ。源泉!

景色・・・申し分ナシ。。

ペルーに来てよかった・・。

 

久しぶりの温泉でアカをこすりまくり、バックには360度日を浴びた山々。
こんな最高な露天風呂、あるでしょうか・・日本にあるのか・・?

ちょっと待て!日本人として何か大切なものを忘れていた僕・・

「真っ裸」

水着で入るなんて温泉じゃない!
そういえば今この温泉に来ているのは物売りと日帰りで来ているペルー人。彼らは日が暮れるとそれぞれの家に帰ります。
そして宿泊している人は・・周りの部屋を見るもあまりいない様子。

つまり、日が暮れればみんな家に退散して残るのは宿泊者のみ。そしてその宿泊者はほぼほぼいない。
これは、、神様は日本人に「夜になったら暴れてください」と言っているようなものではないでしょうか・・

 

 

日が暮れ始めると本当に人がどんどん帰っていく。一気に誰もいなくなった。

その途端に日本人魂爆発ッ!!!

全てを脱ぎ捨て広々とした湯を泳ぐ。標高が高いこともあって日が当たってるうちは暑かったけど、夜になるとかなり冷え込む。
これぞ、究極の露天風呂!!!

最高っす、ペルー。

一旦休憩で飯を食べようとしたら誰もいませんでした。全員帰ってるのを忘れてた。楽しいけれどここは不自由・・
シクアニで買っておいたマンゴーを食べます。

ペルーのマンゴーは安く買えて半端なくおいしいです。

 

 

再び温泉。もう手がフニャフニャでございます。

ちょっと寝て朝も入ります。
もう体の芯までポカポカ。

朝ごはんは昨日と同じ場所でスープ。(8ソル)

 

昨日もだったんですけど、ここは飯があまり美味しくない割に高く、ちょっと残念です。
ま、一泊で十分ですね(T ^ T)

 

シャワーで体を洗って、午前中にはコルクティーボを捕まえてシクアニへ帰りました。

スポンサーリンク