2017年ニューヨークカウントダウン。12時間待ち・・

スポンサーリンク


12月31日(アメリカ・ニューヨーク)

 

6時頃から動き始め、中心地のマンハッタンまではUberで。($26=3050円)

電車を乗り継いで行くこともできるんだけど、二人分の運賃で考えると$1~3多く払えばUberで行けるので結局Uberに走ってしまう僕たち。絶妙な値段設定に困ってしまう。

タイムズスクエア付近のマクドナルドで下ろしてもらい、Wifiを使って荷物置き場を探すことに。
ニューヨークで大晦日の宿なんて取れたもんじゃないので 昨日の空港泊に続き今日はマック泊。ニューヨークはテロ対策でコインロッカーがないので、荷物預け場なる場所が多数マンハッタン中心部にある。

一つ$10/一日が最安値だったので早速預け場所へ。
すると道の途中で黒人が話しかけてきた。
「ハーイ!日本人?荷物置き場探してるだろー?ここの迎えにあるよ!一日一つ$10で!」
条件は同じだったのでここにしようかなと着いていこうと思ったら、今度はどデカい巻き舌白人の女の子が割り込んできた。
「アイツを信じちゃダメ。アイツの言うことは嘘が多いから騙されてからじゃ遅いわ。私の方が安心して預けられるわよ。荷物2つで2日ね?普通は$40だけど、あなたたち$35でいいわ。さあ来なさい」

おおおおお!???
すると黒人は険しい顔つきになり「おいテメエ俺の客だぞ。邪魔すんな!こっちも$35でいいぞお前ら!さあ行こう!」

僕達の前で喧嘩を始める2人。どっちにしていいか分からず、じゃんけんしてくれと言ったがなかなかしてくれない。
結局ゴリ押しだったでかい女の子に着いて行った。
重かった荷物も軽くなりタイムズスクエアの様子を見に行く。


10時30分あたりだったけどもうものすごい人だったので、早足でSUBWAYで夕食のパンを買いおしっこ出すだけだして戻ります。これから12時間以上並ぶのにオムツ忘れて来たので失敗は許されません。恥はかきたくないっす。。

人気のエリアは柵があり、並んで警察にチェックを受けてから入れるといった感じでギュウギュウに押されながら並ぶこと約30分でようやく柵の中へ。
「持っているカバンは捨てなさい」

「は?」
でかい荷物は預けたものの、マック泊するので小さいリュックは持ってきていた。
事前に調べたカウントダウンの情報では、バックパックはNGと書かれていたが、持っていたのはかなり小さめのリュック。大丈夫だろうと思って持ってきていたがまさかの一言。

満足いかず抗議したけど警察はNGの一点張り。
大事なリュックだったから余計に悔しい。

諦めずに抗議していると警察は僕達のリュックを目の前で捨て場に投げつけた。

「申し訳ないねー!」

オーマイゴッシュ!!!!

これにはさすがにイラっ(/ _ ; )
あっちもヒートアップしてきたのでリュックは諦め渋々柵の中へ。すんごい悔しい!!

 

 

 

さて、リュックを取られ落ち込みに落ち込んでいたけれど問題はココから。なんてったってまだ12時にもなっていない12時って夜じゃなくて昼の12時なんで夜まであと12時間!!!

 

とりあえず座る場所を探して、上着を下に敷きケツが痛いのを防いでしばらく様子見。

ちょっと日本語が聞こえるかも。あれ?結構聞こえるかも。え?まさかのまわりみんな日本人?
並んでいる時から日本語聞こえるなーって思ってたけど日本人こんなにいるとは。。

大学生の卒業旅行っぽい団体やカップル、男二人組などいろーんな日本人。日本人同士は結構シャイだから近くにいても声をかけようなんてのはあんまりなく、ただ時間が過ぎていきます。僕もシャイなんですけどね。

 

 

しばらくして後ろをみたら大混雑。
肉眼では見えないくらいの遠さまで人が並んでいて、バックパック戻しにいかなくてよかったなーってかみしめた(本当は結構ひきづってる・・(T . T))けど、今自分が立っている位置最高だなーってかみしめた。

 

目の前ではイベントが始まろうとしているし。

 

飛行機も到着!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあたりからゲストがきてイベントが始まりました。
あとは世界中の有名な都市がカウンタダウンを迎えるごとにニューヨークでもお祝いします。

写真はモスクワ!

 

6時くらいから本格的にイベントが始まりだしてクラブミュージックはガンガンでマリファナの匂いはプンプンしてブリってる外人もチラホラ。テロ対策でリュックを捨てさせる前にマリファナを調べるべきなんじゃないのか(/ _ ; )

だいたい1時間おきくらいに大物ゲストが登場してみんなで踊り出します。

アメリカの有名人らしき人?も目の前を通って行きました。誰だか最後まで分かりませんでした・・

前の方に並んでいる人にはHappynewyaer2017と書かれた光る帽子や風船がもらえます。

僕らがいたゲートの人は全員グッズをもらうことができた。

PM10時。2時間前のカウントダウンがありその後紙吹雪が降り始めます。

最後の方はなんとマライアキャリーも出てきたりと!!なんて豪華なんでしょう。(写真撮るの忘れました・・)

そしていよいよ12時のカウントダウン。。
全員で声をだしてカウントダウンをして場内は大盛り上がり!12時になった瞬間膨大な量の紙吹雪が!!!!!待ってましたー!!!
これを見るために大事なリュックともおさらばして12時間も待ったしなあ。

とにかく尋常じゃない紙吹雪の量。
僕らは場所も良かったのか、大雨の時にバケツを逆さまにしたような雨が降ってくる感覚が紙吹雪で味わえてなんとも新鮮でした。1トン以上もの重量が使われているらしいですからね・・

5分ほどこの余韻は続きますが、あとは全員すぐに帰ります。
残るのはこれ。

 

こりゃ掃除も大変だな・・・

スポンサーリンク