ロスのウーバーは地味に財布にクる。

スポンサーリンク


12月27日(アメリカ・ロサンゼルス)

この日も5時に早起きしパソコンして身支度してようやく肉まん家とおさらばの時間。

英語が話せないなりにもお水くれたり玄関まで荷物持ってくれたりと、肉まん臭と水場の汚さ以外は値段も安いしよかったんじゃないかな。

お世話になった宿を出て再びUber使って愛ちゃんの家へ。($11.09??=1300)


(民泊の家)

 

距離的に言ったら20キロ以上とかを走ってるのでかなり安いんですが・・地味にでかい出費・・交通費・・。

今日は雲ひとつない晴天。

着込んで愛ちゃんの家に来たけど、半袖でも全然いけたなあ。

ロスの気候はカラッとしていて風も少ないし本当に住みやすいと思う。だからこそヤシの木もこんなに細くて長く活き活きとはえてるんだろうなア。このヤシの木はそこらじゅうにあって車を走っているだけで楽しい。

さて!今日はロスといえば!のHollywoodを見に来ました。

写真でしか見たことのない山と共に映るHollywoodの文字。ん~、素晴らしい!写真撮りまくりました。

オシャレな写真スポットにも!

愛ちゃんは元モデルということもあってポーズがこれまた上手い!かっこいいっす!お姉ちゃん!!

今夜は鍋ということで日系スーパー『MITSUWA』に来ました。

配置や品揃えなどはほぼ日本と同じで値段もそんなに高くなく、オーストラリアの激高日系スーパーとは訳が違います。

 

ロス全然住める。

家に戻りさっそく鍋の準備。といっても愛ちゃんが全部作ってくれたので僕らはダラダラしてただけなんですが・・

ビールも久しぶりにいただきちょっと酔っ払いました。てへぺろ。

こんなに楽しかったロスも今日で終わり、夜11時のバスでラスベガスと向かいます。

またもやバス停まで送っていただき、よっしゃあベガスで勝ちまくるぞおお!とウキウキしてカウンターに並んでたらドレットヘアーのおばちゃん職員に、「あなたは酒臭いからダメ。匂いを消してから来なさい」と怒られたので一旦戻ってガム噛んで行こうとしたらまさかの大行列!!!

11時出発なのにまもなく11時とかなりやばい状況になってしまった。

しかしそんな中でも僕の心の中には「どうせアメリカ人適当だしめっちゃ遅れてるだろう。絶対乗れるだろう」と根拠のない強気があったけど、全く進まない列を見ながら時計が11時を回るとさすがに焦ってきた。

すると送りに来てくれた愛ちゃんがセキュリティのおっさんにおねだり攻撃をしたらまさかの並ばずにゲートへ行かせてもらうことに!!!本当に頼りになる・・愛ちゃん。

お礼を行って愛ちゃんとバイバイして出発ゲートに並ぶ。

バスは来ない。やっぱり予想通りか本当適当だなアメリカ人と思っていたが、念のため前に並んでいる人にこのバスはベガスに行くのかと尋ねたところ、「このバスはダラスに行くから違うよ。そういえば数分前にこっからバスが出てったよ。多分ベガス行きのだったんじゃない?」とのこと。

時間はもちろん11時を過ぎている。

オーマイゴットです。

初っ端からぶちかましてしまいました。

ベガスではもうホテルも予約してるし、ニューヨークまでの飛行機も取っちゃってるから後戻りはもうできない。

そんな矢先、外から様子を見てくれていたのか愛ちゃんが戻ってきてくれた。

再びカウンターへ行き交渉を始める。

すると、1時間後に最終の便があるけれど店員オーバーでキャンセル待ちとのこと。

「終わった。」
しかしもう諦めかけた僕の横で愛ちゃんのおねだり攻撃が始まった。

「私たちちゃんと時間には来てたんだけど、列に並んでたら時間になっちゃって目の前でバス行っちゃったのよ。お願い頼むから乗せて」と悲しそうな顔をしながらジェスチャーも踏まえ攻撃する愛ちゃん。

すると奥から偉そうなダンディーのお兄さんが出てきて、なぜかキャンセル待ちではなく追加料金も一切なしで乗れることになった。

「ヘ?そんなことってあるの?」

とその時はよく意味がわからなかったけど、ただただ愛ちゃんに感謝して1230分のバスに乗れることになった。本当は受託手荷物を二つ預けたのでその分のお金は払わなければいけなかったんだけど、それもなぜか全て無料で乗れた。

ただただありがとうございます。愛ちゃん。

爆睡してラスベガスへ。$21(2500円)

 

スポンサーリンク