ラスベガス到着。ウロウロしてみました。

スポンサーリンク


12月28日(アメリカ・ラスベガス)

 

 

 

5時間乗車して朝5時半にラスベガスに到着。到着したところはホームレスらしき人がわんさかいたり薬で目がイっちゃってるのもいればとあまり落ちつくことはできなかった。

到着場所はわけの分からないところで、ホテルまで約10キロ。節約するかってことでとりあえずストリップと呼ばれる中心地を目指して日が昇ってきてから徒歩で行くことに。

かなり果てしなかった。ただ歩くだけならいいけれど、見ただけで泣きたくなるような荷物を持って移動するのはかなり無謀なところがある。
キャリーバックのコロコロは地面が少しでも割れてたりするとイチイチ引っかかるし、それに加えバッグは前と後ろの両方で二つ持つのでかなり重い。

結局1時間歩いた辺りで諦め、近くのファミレスのWifiを借りUber呼んでしまった。
結果バス停からUber呼ぶのと1ドルしか安くなってませんでした・・・。(ねだん)朝方1時間死に物狂いで歩いて時給$1。死にたい。

そんなこんなで朝7時半ころホテルに到着。
通常チェックインは昼の3時からなので、アーリーチェックイン代を取られました( ´ ▽ ` )ノ($16)

とにかく眠すぎた僕たちは秒でチェックインしてベッドにダイブ!!!
死ぬほど寝てやりました。起きたら夜の7時とかでビックリ仰天。
ゆっくり準備して夜10時頃宿を出発。ホテルからメインストリートのストリップまでは2キロ弱。

歩いていけない距離ではないので歩いて行きました。

デカイ建物がどんどん近づいてきます。

ストリップ地区メインストリート。
想像よりも一つ一つが遥かにデカくてギラギラで圧倒された。
ロスもそうだったけどアメリカはイチイチでかい。主要場所が点在しているロスとは裏腹に、ラスベガスはデッカいホテルやリゾート施設が全て密集した大人の遊園地という感じだろうか。


ベラージオの噴水

おっちゃん。

 

とにかく行くとこ行くとこカジノだらけ。どのホテルにもとりあえずカジノ。
ほぼクラブ化してディーラーが大声だして暴れてるカジノもあったりと、さすがはアメリカ。

ディーラーと直接対戦はミニマムが$20からのものが多く、節約中の僕らにはちょっと手がつけがたいのでとりあえず$1を入れてスロットを回してみることに。二回くらいやったけどものの30秒で瞬殺。
とりあえず今日はカジノは断念して腹が減ったので近くのマックへ。

チーズバーガー2個入りセット($7.34=860円)

アメリカのマックで驚いたことはまさかのジュースの飲み放題。飲み物の種類はかなり豊富で、マックのカップを持っている限り何回でもお代わり自由!
僕たちは一つのセットを頼み、飲み物を鬼デでカイカップに4回もおかわりした。おかげでお腹がタップタップと、乾燥気味のベガスではありがたかった。

夜中3時頃、ようやくホテルへと歩いて帰る。街から少しずれたベガスは人通りが少なく少し危ない感じだったので足早に帰って就寝。

スポンサーリンク