パラグアイから日帰りでイグアスの滝。

スポンサーリンク


(パラグアイ〜フォズ・ド・イグアス〜イグアスの滝)

 

Hola!パラグアイ民宿小林から日帰りでイグアスの滝に行ってきました。
世界三大瀑布の中でも圧倒的水量を誇るイグアスの滝。

ブラジル側とアルゼンチン側の両方から見れますが今回はブラジルの方に行ったのでそのことについて書きます。

シウダーデルエステまで行きブラジル国境の橋を渡る

民宿小林からは結構距離があるので日帰りだと朝6時くらいに出ないと帰れなくなります・・。
とりあえず大通まで出てシウダーデルエステ行きのバスを捕まえて、(ローカルバスで1万グアラニー、でかいバスで1万五千グアラニー)シウダーデルエステまで行きます。

ちなみにシウダーデルエステはパラグアイの秋葉原と言われたりしていて、かなりの高層ビルが並んでいて活気があります。

 

 

ターミナルに着いたら、バスか徒歩でブラジル側へ。


橋は常に渋滞しているので、バスよりも歩いた方が無難。

30分ほど歩くとブラジル側の国境に着きます。

ブラジルは1日入国だけならビザは不要なので、税関は適当に無視してブラジル入国。
入国してしばらく道なりに歩くと、両替があるのでここである程度変えておきます。

両替したら「フォスドイグアス」というバスで15分ほど行ったところにあるバス停に向かいます。(3レアル=105円)

でかいターミナルに到着。

 

ここからは120番のParue national 行きのバスに乗って40分、イグアスの滝に到着。
パラグアイと比べると物価はかなり高くなっている上、観光地のイグアスの滝だとパン一つ平気で10〜20レアル(350〜700円)するので、パラグアイから軽めの軽食を持ってきた方が良いかも。

入場料はコミコミで64レアル(2017年3月現在)とアルゼンチン側よりは安め。(クレジットカード可)ボートツアーは200レアルくらいするらしいので今回は断念。

イグアスの滝入場

世界三大瀑布のひとつであるイグアスの滝。
カナダにあるナイアガラの滝、アフリカのジンバブエにあるヴィクトリアの滝と比べて圧倒的水量を誇ります。
アルゼンチン側からも見ることができ、景色はそれぞれに良さがあります。

ブラジル側は2〜3時間で見終われるコースになっているようです。
僕はこの上から見下ろす滝を見てから、どんどん下にくだっていくコースにしました。

下に行くにつれ大迫力。
カッパを売っている人がいるほど、滝から来る水が飛んでくるエリアもあります。

滝だらけで虹も良い感じ^ ^

この橋に行くとずぶ濡れになります・・

さすがです。イグアス。

こういう感じの道を通っていきます。

見た目が可愛いこの子も注意が必要。お菓子を狙って急に飛んできたりして怪我をするツーリストが結構いるんだとか。ちなみに一緒に行ったグループの人のお菓子も写真撮影中に盗まれました・・(T ^ T)

注意です。

 

 

てなわけで大体2、3時間で見終われます。

シュラスコ食べてパラグアイへ帰宅

イグアスの滝からはまたまた120番のバスに乗りフォズドイグアスへ戻って、橋が混んでいそうだったら歩き、混んでいないならバスでシウダーデルエステまで戻ります。

とその前に!もし時間に余裕があるなら、ブラジル名物の「シュラスコ」を食べれる場所がフォズドイグアスにあります。

ちなみにシュラスコとは鉄串に塩で味付けした牛肉、豚肉、鶏肉などを刺してじっくり焼いた料理ブラジル発症の料理。

面白いのはこのように店員が色々な肉などをサーブしてくれるところです。


(焼きパイナップル。激ウマ)

この店は食べ放題なのにお値段なんと一人35レアル(1200円)と激安。
味の方はメチャクチャうまい!ってわけではないですが、美味しいものもあります。なによりパラグアイからイグアスの滝見てここに行ってシュラスコを食べてから帰るのが、民宿小林から行く王道コースらしいです。笑

これでブラジルも観光したと言えるんではないでしょうか。

 

シウダーデルエステからはアスンシオン行きのバスを見つけて、53キロ地点で降ろしてもらうように言います。
ターミナルまで行かなくても大通りに出ればあるかもしれません。

ちなみに土日は、シウダーデルエステ発の最終バスが4時半くらいで終わってしまうらしいので早めに乗らないと民宿小林まで帰れません(T ^ T)


(乗ろうとしたら写真撮ってくれと言われたので仕方なく。)

 

以上、パラグアイ民宿小林からのイグアスの滝、日帰り王道コースでした^ ^

スポンサーリンク