クロリンダからアスンシオン「らぱちょ」まで無事着けました。

スポンサーリンク


33日(アルゼンチン・クロリンダ~パラグアイ・アスンシオン)

朝、チェックアウトと同時にホテルのお金を払うため両替屋を探しに行く。

以外と近くにあってとりあえずUS$30分だけペソに交換して宿代を払い、またまた国境へ。

お!今日はしっかりとやっております。

ちなみに昨日調べたんですが、ここで時間内に出入国できなかった場合はここから5キロほど離れたところにある、24時間営業してるファルコンってところで出入国できるらしいんですがパラグアイの国境まで距離があったりと、結構面倒臭いらしいです。

それに比べここは、アルゼンチンとパラグアイのオフィスが真隣にあるので楽。

これで正真正銘、正規の入国となりました!!

時間帯が日中だからか、国境あたりは昨日よりもかなり騒がしい感じがする、

$10だけ両替して、公共のバスでアスンシオン市内まで行きます。

クロリンダからはこんなに距離が近いんだけど、川を結ぶ直通の橋がこのあたりには無くて、かなり遠回りして行きます。

運賃は一人5000グアラニー(100円)

 

 

 

ジュース売りに来たので飲みました。(2000グアラニー=40円)うまい。

アルゼンチンから一気に値段も質も下がりました(T ^ T)ま、バックパッカーとしては嬉しいんですが。

直線距離だと10キロもないけど、かなり遠回りをするのでアスンシオンセントロまでは約1時間半・・。

セントロで降ろされたからは38番のバスに乗って、日本人宿、「らぱちょ」へ。バスを降りてからは徒歩10分ほどで着きました。ようやく到着でございます・・。

昨日あんな失態をおかしたのにもかかわらず、らぱちょオーナーの上田家族は暖かく迎え入れてくれました♪( ´▽`)

早速宿の説明をしていただき、お金がないので両替所へ。$100両替。

日本語で上田さんが書いてくれたこのあたりのマップももらいました。リマの桜子ぶりにわかりやすいマップです!

腹が減ったのでとりあえず家の近くのピザ屋へ。

ハンバーガー12000グアラニー(230円)

近くにスーパーがあったので物価が安いと言われているパラグアイのお手並み拝見。

まずは大事なビール。

350ミリ12本セットで22000グアラニー、一本1850。

1850=約40

ハイ!沈没決定っ!!!!12本セット即買い!!

続く肉、野菜と激安でございます。

家に帰って早速一杯やって酒のつまみを作ってたらお酒が進んで6本くらいあけました。

特に観光名所はないパラグアイ。じゃあみんな何しにパラグアイに来てるのー?と聞くと「沈没」の一言。その答え、待ってましたッ!!

アルゼンチンサルタから続きパラグアイで沈没天国だーい!

楽しい生活がはじまりそうです!アスンシオン。

スポンサーリンク