白い港町、エッサウィラでお魚天国。

スポンサーリンク


モロッコには都市によって色のイメージがあるなんてよくいいますけど、シャウエンなら青、マラケシュなら茶色、そしてマラケシュからバスで西に3時間行ったところにある「エッサウィラ」という都市は白い港町として有名です。

スプラトゥール社で75DH800円)

宿はAIRBNB(民泊)でこんな感じのところに泊まりました。

朝飯もついてこのクオリティで一人一泊1000円いかないのでモロッコはホテルもそうですけど、他の国よりも特にAIRBNB(民泊)をお勧めしますよ^ ^

さて、今回ここに来た理由といっても過言ではない「お魚」
今までの旅中はあんまり魚を手頃な値段で食べれる場所が少なかったので、久しぶりの魚を食べれるということでウキウキ。

エッサウィラでは魚のレストランもあるけど、市場や港で直接魚を買って、レストランに行き調理だけしてもらうのが主流のようです。てなことでさっそく市場へ行きお魚を見物。。

新鮮とは言えないけど、、魚の種類は結構あります。

この日は小魚7匹と金目鯛、烏賊を注文して50DH550円)結構安いです。

鱗をとったり内臓を取ったりで2DHほどわたして焼いてくれそうなレストランへ。

こんな感じの炭火で焼いて、できあがり。

焼く代金みたいなのが、全部で15DH。パンとパンにつけるソースもついてきます。

久しぶりの魚は感動ものでした。。味も悪く無い。

夜はマラケシュであったリョウさんと呑んだくれました。
モロッコってイスラムの色が強いのでは?と思う人もいるかもなんですけど、意外とそんなことはなくて結構みんな飲んじゃってます。笑
スーパーなんかで買うと値段も結構安くてビールは1缶100円以下、ワインはでかいので300円くらいからあります。


(ワインにあうチーズやハム、果物もかなり安いですよ!)


(売られていた金目を宿で煮付けにしてみました。最高です♪(´ε` ))

翌日は港に行ってみました。

港では昨日行ったところよりもたくさんの魚が売られています。こちらも新鮮なのかはわかりませんが・・・


(エビは500グラムで200円)

この日はウツボと烏賊、エビにしました。

ウツボってこんな色だし食べるものじゃないと思ってたけど、、このでかさで約250円と破格だったのでチャレンジしてみることに。


(本当に食べれるの?って色・・)

魚売りがいるところに焼き専門のレストランもあります。

ここで頼んで持ってきてもらいました。

(前からイカ、その後ろにウツボ、エビ、一番奥に名前忘れたけど美味しい魚)

肝心のウツボですが、、

激ウマ♡

味、食感などアナゴとほぼほぼ同じでした。問題が一つだけあるとすれば骨がちょっと多い・・
でも全然許せます。

長旅をしていると日本人なら魚に飢えることと思いますが、エッサウィラは安く食べることができるのでモロッコに来るならお勧めできます。(人もあんまりウザくない)

食べ物はこんな感じで、、白い街と言われているエッサウィラですが、街もぶらついてみました。

ふむふむ・・確かに白い。

エッサウィラはマラケシュとはかなり違う雰囲気を感じます。
売っているものとか、人の外見とかは同じなんだけど、個人的にマラケシュより好きかなぁ。まったくうるさくないしモロッコの中なら住みやすそう。

マラケシュからバスで3時間、時間に余裕のある方はぜひ!!

スポンサーリンク