ドバイトランジット1日観光。

スポンサーリンク


イスタンブールからバンコクのチケットを取っていましたが、途中トランジット時間がまさかの24時間あったので、国内に出て1日だけ観光することにしました。

イスタンブールから来たからなのか、ドバイ激アツです。暑すぎる。そして建物内は冷房が効きすぎている。

まずはゴールドスークという金が売っているところを目指します。まだ早朝だからか、街に活気がありません。

ゴールドスークも朝だからか店が全然やっていません。。この辺は庶民街というか、外国から出稼ぎに来ている人のエリアなのかドバイという感じは全くしません。ちょっと小綺麗なインドって感じ。。笑

近くにAbraという舟乗り場があったのでそれに乗って反対側へ渡ります。

人が集まるまでスタートしません。。

集まったらスタート。一人1ディルハム(30円)

そして、反対側にたどり着きました。

とにかく、あまりにも暑すぎて焦げそうなのでショッピングセンターに避難。

ここにやっとレストランがありました。。

というのも、空港を出てからから今まで、空いてるレストラン一つもなかったんですよ。。これほんとにみんな憧れのドバイなの??って感じですが、実は今、ラマダン中らしいんです。しかも今日から一ヶ月。。。

この月において、イスラム教徒は日の出前から日没にかけて一切の飲食を断つことにより空腹や自己犠牲を経験し、飢えた人への共感を育むことを重視する。また共に苦しい体験を分かち合うことでイスラム教徒同士の連帯感は強まり、多くの寄付や施しが行われる。

一年に一回あるラマダン。イスラム教徒は昼は全く食べなくなっちゃうんです。。
ドバイはイスラムが結構厳格なので、ほとんどの人がこれを守っているようです。てなわけでレストランはほとんどオープンしておらず、ショッピングセンターでオープンしているようなところでも食べれるところは制限されていて、ムスリムが見えないところで食べなければいけません。

もちろん、外など公の前で何か食べるのも禁止、水を飲むのも禁止となっているようです・・・

なんて時に来てしまったんだッッ!!!

ショッピングセンター内のマックでハンバーガーとコーラをここぞとばかり流し込んでバスに乗ります。

行き先は・・

ビーチ!!!

マリーナビーチです。

ダウンタウンからは結構離れていて人口島の隣にあります。
駅は少し遠いので、バスでいくのがおすすめ!

こんなリゾートすぎるビーチが無料なんて、、、
ドバイ太っ腹ですな。

実際に海に入りましたがね、お湯でした、、、湯でタコになるかと思いました。海がお湯だったことはドバイが初めてです。

そんなドバイのマリーナビーチははきれいなトイレも無料で使えます!!

シャワーは1分半で5DH(150円)と少し高めですがよしとしましょう。

さっきまで「なんだドバイ、大したことねーな」と愚痴っていましたが前言撤回!!素晴らしい!

それにしても、本当に高層ビルだらけですドバイ。。

(ドバイマリーナウォーク)

オイルマネーだけに依存せず、世界一のものをたくさん作って観光業をさかんにして富裕層が住みやすい都市にしようと首長により作られたドバイ。本当に頭いいですね。憧れの都市ですもん、ドバイ。

お次はその世界最大のショッピングモール「ドバイモール」

中のマップはこんな感じ。

やばいです。マジで迷子になりますドバイモール(3回ほど道間違えました)

内装もおしゃれ。

日が暮れてきたので外に出てみます。

毎30分ごとに噴水ショーが行われます。

個人的にラスベガスの噴水の方が好きでしたが、、負けないくらい大迫力!!だってこの噴水の後ろにはこいつが!!!

ブルジュ・ハリファ!!
皆さんもご存知、世界一高いビルです。828メートル!!

高すぎて上よく見えませんが、かっこいいです。。

ドバイはトランジットでも結構回れるよ

いかがでしたでしょうか?
僕の場合24時間というトランジット時間があったので結構ダラダラしながら回れましたが、5時間以上あれば一度外に出るのをおすすめします。
時間がなければダウンタウンのブルジュ・ハリファを見るだけでも価値があります。

かなり暑いので1日観光で回ろうとすれば死ぬほど疲れますが、価値はあるので是非トランジットの間だけでも行ってみてください。

スポンサーリンク