アンカラからカッパドキアへ。

スポンサーリンク


ウクライナの沈没生活を終え、首都キエフから飛行機でトルコの首都、アンカラへ。
飛行機代は荷物込みで$50という格安のフライト。

さすがヨーロッパ!飛行機が安いです。
時間は朝2時半発で5時くらいに着とハードな時間帯でしたが・・

ともかく朝アンカラに到着して、すぐに空港からシャトルバス的なのでバスターミナルに行きました(12トルコリラ=360円)


(セットで16リラ=470円)

バス停のご飯はお高め。ていうかウクライナから来たから激高い。。ビール何本買えるんだろうか・・
世界三大料理と言われているトルコ料理ですが、このセットは結構微妙。

ともかく、アンカラはすっ飛ばしてすぐにカッパドキアに行きます。
カッパドキアって多くの方が知ってると思うんですが、あれはでかい岩の名称で、そこの近くにある街がギョレメなので、カッパドキアカッパドキア!と言うと、ああギョレメねみたいな感じでした。

さっそくのぼギョレメにバスで行きます。

ネットでも評判が良かったMETRO社で40リラ(1200円)
トルコのバスはなかなかいい感じでぐっすり眠れました。

約4時間ほどでギョレメに到着。

今回はちょっとおしゃれなホテルを予約してみました。

これで一泊あたり一部屋30ユーロ!!

トルコってまあまあ物価高いんじゃなかったっけ?って思いましたが、このギョレメはホテル激選区なのか、ブッキングドットコムの評価はほぼ9点以上なのに値段はそんなに高くないんです。

それなのにたくさん部屋があるこのホテルは2組しかお客さんがいません。

シーズンオフなのかな・・プールとかサウナもすごいのに。

 

昼ごはんはトリップアドバイザーで人気があったお店に行きました。

FIRIN EXPRESS

トルコ風ピザみたいなのを頼みました。トルコ料理、量多い。

味、微妙です。

(笑)

値段は一つ5〜10リラほどと値段もまあまあ安め。

 

しかし、、アンカラのバスターミナルの時もそうだったんですが、世界三大料理と言われている割にはあまり美味しくないです。

食べ終わった後は街歩き。

トルコは自国の国旗が好きなのか、町中国旗だらけです。
街自体はとても小さく、現地人も四千人ほどしかいないんだそうです。

ギョレメ(カッパドキア)は観光の街。
街にはレストラン、ホテル、トラベルエージェンシーしかないです。ウロウロしてたら日本語で勧誘してきたお兄さんがいたので、興味がてら入ってみました。

「昔はたくさんの日本人がきてたんだけど、テロとかがあってから全く来なくなっちゃってね。。久しぶりの日本人を見て嬉しくなったよ。」

確かにトルコは最近ISによるテロ続きで、めっちゃ危険じゃないの??って感じですが、実際全然平和でした。(まあテロが起こってからだと遅いんですが・・)

「日本人大好きだから日本人価格でツアーしてあげるよ。」

カッパドキアにはいろんなツアーがあって、北をメインに旅行するレッドツアーと南にある洞窟を見にいくツアーのグリーンツアーがあるようです。
このグリーンツアーの相場は100〜120らしいですが86リラ(2500円)に負けてくれました。
まだボッてるのかもしれないけど、入場料、交通手段、ご飯全部こみなので結構安いです。

カッパドキア観光については次の記事で^ ^

スポンサーリンク